期間従業員という働き方

main-img

大手の自動車メーカーなどでは、定期的に期間従業員の募集を行っています。

期間従業員について調べるなら、こちらをご覧ください。

主な業務内容としては、大型工場内でのライン作業がメインとなっており、募集要項を見ても収入面ではかなり優遇されているところが多いといえます。


毎月の月収のほかにいろいろな手当ての支給があり、企業によっては寮を用意しているところもありますから、お金を貯めやすい仕事であるといえます。
ただし、期間従業員と言う仕事について将来性から見れば、不安材料もいくつか見当たります。

まず、働く期間が限定されているということは大きなマイナス要因となるでしょう。
契約期間終了とともに、また新たに職場を探さなければならないことが確定しているのは大きなデメリットの1つです。
さらに言えば、期間従業員として働いている間、何か再就職に有利な資格やスキルを得ることができるかといえばそうではないことがほとんどです。

毎日新聞関連情報を紹介しています。

そういったこともマイナス材料の1つでしょう。

ISO27001の費用が最近こちらで話題になりました。

ですから、期間従業員として働く場合には、まずは自分の目的をはっきりとさせなければなりません。
割り切ってお金を貯めるために一定の期間ライン作業に従事するのか、もしくは将来のために自分のスキルを磨き、最初は給料がそれほど良くなくても正社員として採用してもらうことができる職場を選ぶのかということに関して決断をしなければなりません。

期間従業員と言う仕事に対してマイナスイメージを抱いている人も多いと思われますが、そういったことではなく、働く本人がどのような目的意識を持っているかということが何よりも重要であると言えるでしょう。

いまどきの雇用

subpage1

期間工の求人は大手の製造業ではよく見かける職種としても知られています。名称が示している通り、契約期間に制約があるのが特徴であり、雇用の段階で契約解除の日程がある程度明確に決まっているのが特徴です。...

more

雇用をもっと知る

subpage2

半年あるいは1年以内に100万円貯金を貯めたいと考えているなら、期間工として働くことをおすすめします。その理由は期間工は月々の給料が高めに設定されているからで、フルにシフトに入ることができれば27万円以上は確実に貰うことができます。...

more

雇用の実態

subpage3

1年あるいは3年以内に多くのお金を稼ぎたいと考えているなら、期間工の仕事がおすすめです。自動車部品の組み立て作業から塗装作業までいろいろな仕事があり、そのほとんどは給料が高めです。...

more

ためになる情報

subpage4

期間工求人は仕事に困ったときにすぐにありつくことができ、それでいて高給を手にすることができるので頼りになります。最近は多少改善されてきたと言っても、まだまだ就職難の日本ではどれだけ就職活動をしても仕事が見つからないということは珍しくありません。...

more